Better Than I've Ever Been

日々思ったことと、その他社会について思うことを書きます。その他発達障害について自分が調べている治しかたについて書いていきます。@hda0808

ADHD 過集中と虚脱 リラックスすること

ADHDには過集中という症状があります。僕は寝るのをそっちのけで調べものをしたりすることがありました。

 この過集中後におそらく多くの人々が虚脱症状をだしてしまうのではないかと思います。この虚脱状態は僕もよく経験しましたが、つらいというわけではないですが、本当にやる気がでなくてどうしようもない状態になってしまいます。この状態になると仕事や人々と共にする活動をしていた場合、はたから見るととても迷惑な人にうつります。

 僕はADHDの人々はこの過集中状態になるのをさける必要があると思います。そして、過集中状態にはいったらそのことに気づく必要があると思います。そして、過集中状態に入ったらいろいろな方法でリラックスをすることを心掛けるのが良いのではと思っています。

 あるツイートで、過集中と虚脱を受け入れてそれがADHDの特徴であると理解して生きたらいいというようなことを言っていましたが、僕はそんなことはないと思います。ADHDの過集中と虚脱の状態を受け入れて、そのまま生活したとしてもはたから見たらやっぱり迷惑な人です。それでは仕事もちゃんとできるような気が僕はしません。

 ADHDの症状を普通の人がちゃんと理解するのはやっぱり難しいと思います。なんか時々やる気をだすけど、普段はやる気をださないし、なんなんだろうあいつと思われてしまうことが多いと思います。

 過集中というのは僕の経験から言えば、基本的には1日から2~3日です。ただ受験の時など2~3カ月の過集中も経験したことがあります。

 ただその後には絶対やる気がでなくなって虚脱の症状がでました。この虚脱の症状の原因は自分はまだわかっていませんが、おそらく脳が通常の活動よりも過剰に働いて疲れてしまうことが原因なのではと思っています。アドレナリンの過剰分泌が原因かもしれません。

 それとやんばる先生というADHDなどの発達障害をみている精神科医の方のブログ(意味不明な人々というブログです)においてADHDは、記憶があいまいなのですが、

この過集中時の状態を本来の自分と思ってしまうというようなことが確か書かれていました。自分にも当てはまっていたような気がします。(ADHDなどの症状についてよくわかりたいと思う人は一度意味不明な人々というブログを読んでみたらよいと思います)

 過集中は基本的には1日だったり2、3日だったりするのにこの状態を本来の状態と思ってしまっては、いろいろと生活しずらくなってしまうように思います。

 そのためやはり僕は過集中を避けることが重要だと思います。そのため、まず過集中に自分が入ったなと自覚できることがとても重要だと思います。

 また、僕の感覚ですが、過集中の状態は脳が興奮しているような状態になっています。この興奮状態を避けるためにリラックスすることが重要なのではないかと考えるのです。

 リラックスすると思考の抽象度が上がると苫米地先生も本で言っていました。思考の抽象度があがると聞いても意味不明だなと思う方もいるでしょうが、明日やればいっかと思えるようになるようなことだと僕は思っています。

 そして、そのリラックスする方法についてですが、僕は、まず肩の力を抜くことが重要なのではないかと思っています。

 肩の力を抜くためにはまずぎゅっと肩全体に力をいれて脱力してください。過集中に入ったなと自覚することができたなら、まずそれをしてみると良いと思います。

 ヨガなどで自分の体の部分を自覚して体の力を部分ごとに抜いていくという方法もあるのでこれも試してみるといいと思います。

 僕は過集中状態以外の時などでもリラックスすることを覚えることで大分できることが増えたように思います。

この方法は簡単なので、ほかのADHDの方も試してみてほしいです。

自分でもっとADHDについて知りたいことがあるので、効果があったかどうかなどコメントしていただけると助かります。

広告を非表示にする