Better Than I've Ever Been

日々思ったことと、その他社会について思うことを書きます。その他発達障害について自分が調べている治しかたについて書いていきます。@harada0808

ADHD 改善方法

今回はADHDの改善方法について書きたいと思います。

僕はADHDの改善のために様々な方法をためし、ADHDの症状にだいぶ改善が見られました。

そこで今回はADHDを改善するための方法について書きたいと思います。

まず最初に結論を言うと、ADHDの改善のためにするべきことはイメトレ、火の呼吸、柔軟、寝たまんまヨガ、脳のプラーナを流すことです。

これらを1、2か月試すことでADHDの症状がだいぶ改善する可能性があると思っています。

ほかにも試した方法があるのですが、それを試した効果についても書いていきたいと思います。

先に試してあまり効果が見られなかった方法についてから書きたいと思います。それは有酸素運動、高速音読、デュアルNバックです。

高速音読と有酸素運動はネットでこれらの方法を試してADHDのような症状が改善したという情報があったのですが、僕は試して効果はありませんでした。

有酸素運動は多くの人が部活などでしていただろうし、それでADHDが改善するとは少し考えにくいような気がします。有酸素運動をしながら高速音読もためしていましたが、これを続けて忘れ物や不注意の症状が改善するということはありませんでした。

デュアルNバックについても、これをやると脳がとても疲れるのですが、これも続けて忘れ物や不注意が改善するということはありませんでした。

 

次に試してADHDの症状が改善した方法について紹介したいと思います。

それが先に紹介したイメトレ、火の呼吸、柔軟、寝たまんまヨガ、脳のプラーナを流すです。個別にどういった効果があり、どんな症状が改善したか、それとその理由の僕なりの考えについて書いていきたいと思います。

まずイメトレです。これは毎日寝る前に5分ぐらい、なんでもいいのでリアルに脳内でイメージをするという方法です。これは僕は通勤、通学などの日常の事をリアルにイメージするのがいいと思っています。毎日、同じイメージでいいので毎日リアルにイメージしてください。着ている服はどんなものかとか、どういう視点で見ているかや、自分が動いている感覚など毎日ちょっとずつリアルにイメージをしていってください。

僕は通学の途中の改札口を通って階段を上って反対の駅のホームに行くまでを繰り返しイメージしていました。

これをすることによって忘れ物が減るということや、忘れているものを思い出しやすくなるという効果があると思います。

僕はこれを毎日つづけて忘れ物をしたときにそのわすれたものをどこに置いたか映像で思い浮かぶということがありました。そういうことが起こって以降、映像がでるわけではないですが、忘れ物やしなきゃいけないことについて思い出したり、そもそも忘れ物などが減るということが起きました。

これで忘れ物などが減る理由は脳のワーキングメモリがイメトレをすることによって鍛えられるのではないかというのが僕の考えです。ワーキングメモリは詳しくはとても複雑なようで今いちよくわからないのですが、今は音韻ループと視空間スケッチパッドというものにわけられて考えられています。そのそれぞれの機能と働きについてはよくわからなかったのですが、視空間スケッチパッドについては名前から推測するに空間的認知がかかわっているのではないかと思います。

その空間的認知がイメトレによって鍛えられるのではないかと思うのです。なので忘れ物などが思い出せるようになり減ったのではないかと思います。

次に火の呼吸です。

火の呼吸については方法はyoutubeの動画を紹介したいと思います。

www.youtube.com

この動画ではだいぶゆっくりとやっていますが、もっと早くやってもいいと思います。それとおそらく重要なことだと思うのですが、できるならお腹を全体的に大きく動かせればいいと思います。そちらのほうが胃腸全体を刺激し活発化できると思うからです。僕は1分間早い呼吸で火の呼吸をしたあとに30秒間ゆっくりとお腹を動かしながら火の呼吸法をするというのを一日5セットぐらいしていました。

これの効果としては覚醒度があがり、腸の調子がよくなり快便になりました。

この呼吸法はお腹を動かしながら呼吸をするので胃腸が活発化し、胃腸の調子が良くなるのではないかと思います。

胃腸の調子がよくなるということはADHDにとってとても重要なことだと思います。ADHDコンサータという薬の効果からもわかるようにドーパミンになんらかの障害がある可能性が高いです。あまり知られていないと思いますが、そのドーパミンは腸で9割作られています。その腸の調子がよくなることでドーパミンの量が増え覚醒度が上がるなどの効果があるのかもしれません。

腸ではドーパミンのほかにもセロトニンも作られています。セロトニンはうつの方にはでるととても良い脳内伝達物質ですので火の呼吸で腸の調子をよくすることはうつなどの二次障害があるかたにとってもいいかもしれません。

ただ発作などの症状があるかたにはとても危険なような気がするのでやらないことをおすすめします。

次に寝たまんまヨガと柔軟です。

これで僕は過集中と虚脱という症状が改善しました。まず過集中と虚脱という症状ですが、過集中は知っていても虚脱はしらない方がいるかもしれません。でも実際僕が経験したことですが過集中の後には多かれ少なかれかならず虚脱がきます。虚脱状態のときは本当にどうしようもないくらいやる気がでないという風になったりします。ですので僕は過集中には入らないということをおすすめしています。

この症状が寝たまんまヨガとお風呂上りの柔軟をすることによって改善しました。

寝たまんまヨガというのは携帯のアプリで寝ながら簡単にヨガの瞑想をすることができるものです。これを好きなものでいいのでやりたい時にやってみてください。

これの中に全身の力を抜いていくという作業があり、それが過集中と虚脱の症状におそらく効いたのだと思います。この力を抜いていく作業とは、一旦体にグーっと力を入れて抜くという方法なのですが、これだけ覚えて日ごろやってみるということもお勧めします。特にADHDがミスしやすい場面などでは肩に力が入っているということが多いと思うのでそういうときにぐっと力を入れて抜くということを試してみるといいと思います。

次に柔軟です。僕はお風呂上りに2、3分程度柔軟をしていました。これも過集中と虚脱の症状に効果があったように思います。そして、僕は睡眠にも障害があったのですが、これをすることによって次の日寝起きがすっきりとするようになりました。

次に脳のプラーナを流すということです。これでもおそらくいろいろなことが改善したように思います。

寝たまんまヨガの中にプラーナメディテーションというのがあるのですが、それで気づいたのですが、(プラーナというのは体の中を流れる気の流れのようなもののことです。)そのプラーナが僕は脳の前頭葉当たりの部分にあまりながれていないということに気づいたのです。なぜか流すときにとても怖かったのですが、怖いのは我慢して前頭葉全体に流してみるということをしました。これをすることによってADHDの症状がいろいろと改善したような気がします。

これはみんな感じていると思うのですが頭の中に流れている血流のようなものを前頭葉まで流すようにするのですが、最初は難しいと思いますがちょっとずつ前頭葉全体に流すのがいいと思います。

プラーナと思っておでこのあたりをマッサージするだけで流すこともできます。

以上が僕が試してADHDの症状の改善が見られた方法です。

これらの方法を1、2か月試すだけでだいぶ症状が改善するように思います。僕もこれらの方法を1、2か月程度試して効果がでました。改善がみられたあといまではあまりこれらの方法はしていません。

まだ少し、ADHDの症状はあり、少し苦労している部分もあるのですが、それは以前に記事で書いた苫米地先生の脳トレの方法などをためしていこうかなと思っています。

それでもだいぶ苦労することが減ったので今日紹介した方法を多くの人に試してみて欲しいと思います。

 

追記

これらの方法のほかにADHDの症状の改善に手続き記憶がとても重要であることがわかりました。ADHDは手続き記憶があまり使えていないのではないかと思うのです。手続き記憶は動きで覚える記憶で仕事や動作などを意識的に動きで覚えようとすることで手続き記憶ができるようになると思います。これも自分で試してみて仕事での不注意の改善に効果がありました。

手続き記憶に関しては追ってまた詳しくブログに書きたいと思います・

 

ソーシャル性について

twitterで引用リツイートをすると、ソーシャル性が増すといったけれどソーシャルなのは楽しいということがわかった気がする。

これはtwitterをやって思ったわけではないのだけれどもfacebookで友達を増やしたかったので誰とでも友達になってみた。

facebookは自分の身の回りの人間と普通は友達になるので、大丈夫かなとは思った。

でも、何十人も友達になってfacebookを見ているうちに知らない人でもいろいろな人のfacebookの更新を見るのはとても楽しいということに気づいた。

僕はソーシャルとは過去の経歴とも今現在の人間関係とも関係のない人と知り合うことだといったけれど、そういうことを意識的ではないにせよfacebookでやったら楽しかった。これはソーシャルだということが楽しいということなのだと思う。

twitterももっとソーシャルになって、ソーシャルにして、楽しんでみては?と思う。

好きこそものの上手なれ

努力をする人間になってはいけないのなかである調査結果によると、学校での勉強において、意欲を育てるのは、学力であって学力のないものは意欲もないということが書いてあった。

これは勉強においてだけでなく、仕事やいろいろな活動、音楽やスポーツにおいても当てはまるのではないかと思った。その活動が上手、よくできる人程、もっと学んでいこうという意欲が高いのではないかと思う。以前読んだこれからの営業に会話はいらないという本のなかでも、営業マンを対象にしたコンサルティングをしている著者には、売れない人より売れている人からの相談の方が多いと書かれていた。仕事のできる人の方が意欲が高いのである。意欲を育てるのは、その活動が上手にできるということなのだろうと思う。出来ない人は、意欲もないということを加えて考えると最初からある程度、物事を上手にできることがもっと上手になろうという意欲を育てるのであり、最初の才能が重要ということになる。結局才能をもちあわせていることがなにより重要なのかと思う。悲しい話だなと思う。

好きこそものの上手なれというけれど、上手な人程、その活動が好きなのではないかと思う。

好きだから上手なのではなくて、上手だから好きまたは好きになったのではないかと思う。

自分は、歌っている時やバドミントンをしていた時などにもっとうまくなったらどんなに楽しいだろうかと思うことが多々あった。実際それは正しいのかもしれない。うまい程楽しいし、もっとうまくなろうという意欲がわくのかもしれない。それは、物事がうまい人程どんどんうまくなっていってしまうということだ。才能があればない人と比べた時に、どんどん差が開いていってしまう。

ただ、である。僕はツイッターでもいいましたが、インセンティブディバイド(学力が意欲を育てるということ。)の結論はできなくてもいい。意欲がなくてもいい。ということであると僕は思う。出来ない人には理由があるし、好きでもできないのなら、以前のブログで師匠を見つけるといいと書きましたが、いい師匠を見つけるといいと思います。

できれば楽しいですよ。

ヒップホップ 文化 歴史

他のジャンルについて詳しく知らないだけかもしれないがヒップホップほど、その文化や成り立ちについて興味が多くの人にもたれ、ヒップホップの文化や成り立ちについて、多くの人が学ぶといった音楽のジャンルは、ないように思う。

ヒップホップの成り立ちや文化について興味をもっていてそれについての知識をつけている人が多いように思う。

ただそれはヒップホップが最近になってできて、しかも、その発展に劇的なストーリーがあったというだけかもしれない。音楽のジャンルのなかで、その音楽性だけでなくその文化についても理解しようとする人がヒップホップという音楽のジャンルには、とくに多いように思う。ロックもその文化に対する理解をもとうとする人は多いような気がするが。ヒップホップの方がその程度が大きい気がする、特にヒップホップでは、その成り立ちに興味を持つ人が多いと思う。

このようなことは、海外から音楽ジャンルを受け入れ根付かせる時に起こる現象なのかもしれない。

ヒップホップは、音楽の一ジャンルというだけでなく、文化と密接に関係しているということも、これらのことの一つの理由かもしれない。

 

芸能人とプロ

芸能人が話をしているのを聞くと、やっぱりプロだとか世にでたのには理由があるのだなと思うことが多々ある。容姿や体形が重要でそれが成功に直結するように思えるグラビアアイドルのような職業の人でも、プロだなと思えるような努力をしていたり知識を持っていたりすることが多い。やはり普通の人とは違うという風に思う。

その努力や知識はタレントであれば、普段からテレビを見るときに話しに注目してどんなオチがあるかや、他のタレントの立ち位置などに注目してみているということなどである。グラビアアイドルであればとれられるときポーズについてであるとか、女優であれば映画を何本もみるとか俳優に関してはテレビにあまりでないからかもしれないが、こういった努力などについてあまりきかない。俳優こそが才能で飯を食っているのかもしれない。役作りうんぬんの話は聞くが俳優に必要なのは役づくりよりも演技力であると思う。