Better Than I've Ever Been

日々思ったことと、その他社会について思うことを書きます。その他発達障害について自分が調べている治しかたについて書いていきます。@harada0808

ADHD 改善方法

今回はADHDの改善方法について書きたいと思います。

僕はADHDの改善のために様々な方法をためし、ADHDの症状にだいぶ改善が見られました。

そこで今回はADHDを改善するための方法について書きたいと思います。

まず最初に結論を言うと、ADHDの改善のためにするべきことはイメトレ、火の呼吸、柔軟、寝たまんまヨガ、脳のプラーナを流すことです。

これらを1、2か月試すことでADHDの症状がだいぶ改善する可能性があると思っています。

ほかにも試した方法があるのですが、それを試した効果についても書いていきたいと思います。

先に試してあまり効果が見られなかった方法についてから書きたいと思います。それは有酸素運動、高速音読、デュアルNバックです。

高速音読と有酸素運動はネットでこれらの方法を試してADHDのような症状が改善したという情報があったのですが、僕は試して効果はありませんでした。

有酸素運動は多くの人が部活などでしていただろうし、それでADHDが改善するとは少し考えにくいような気がします。有酸素運動をしながら高速音読もためしていましたが、これを続けて忘れ物や不注意の症状が改善するということはありませんでした。

デュアルNバックについても、これをやると脳がとても疲れるのですが、これも続けて忘れ物や不注意が改善するということはありませんでした。

 

次に試してADHDの症状が改善した方法について紹介したいと思います。

それが先に紹介したイメトレ、火の呼吸、柔軟、寝たまんまヨガ、脳のプラーナを流すです。個別にどういった効果があり、どんな症状が改善したか、それとその理由の僕なりの考えについて書いていきたいと思います。

まずイメトレです。これは毎日寝る前に5分ぐらい、なんでもいいのでリアルに脳内でイメージをするという方法です。これは僕は通勤、通学などの日常の事をリアルにイメージするのがいいと思っています。毎日、同じイメージでいいので毎日リアルにイメージしてください。着ている服はどんなものかとか、どういう視点で見ているかや、自分が動いている感覚など毎日ちょっとずつリアルにイメージをしていってください。

僕は通学の途中の改札口を通って階段を上って反対の駅のホームに行くまでを繰り返しイメージしていました。

これをすることによって忘れ物が減るということや、忘れているものを思い出しやすくなるという効果があると思います。

僕はこれを毎日つづけて忘れ物をしたときにそのわすれたものをどこに置いたか映像で思い浮かぶということがありました。そういうことが起こって以降、映像がでるわけではないですが、忘れ物やしなきゃいけないことについて思い出したり、そもそも忘れ物などが減るということが起きました。

これで忘れ物などが減る理由は脳のワーキングメモリがイメトレをすることによって鍛えられるのではないかというのが僕の考えです。ワーキングメモリは詳しくはとても複雑なようで今いちよくわからないのですが、今は音韻ループと視空間スケッチパッドというものにわけられて考えられています。そのそれぞれの機能と働きについてはよくわからなかったのですが、視空間スケッチパッドについては名前から推測するに空間的認知がかかわっているのではないかと思います。

その空間的認知がイメトレによって鍛えられるのではないかと思うのです。なので忘れ物などが思い出せるようになり減ったのではないかと思います。

次に火の呼吸です。

火の呼吸については方法はyoutubeの動画を紹介したいと思います。

www.youtube.com

この動画ではだいぶゆっくりとやっていますが、もっと早くやってもいいと思います。それとおそらく重要なことだと思うのですが、できるならお腹を全体的に大きく動かせればいいと思います。そちらのほうが胃腸全体を刺激し活発化できると思うからです。僕は1分間早い呼吸で火の呼吸をしたあとに30秒間ゆっくりとお腹を動かしながら火の呼吸法をするというのを一日5セットぐらいしていました。

これの効果としては覚醒度があがり、腸の調子がよくなり快便になりました。

この呼吸法はお腹を動かしながら呼吸をするので胃腸が活発化し、胃腸の調子が良くなるのではないかと思います。

胃腸の調子がよくなるということはADHDにとってとても重要なことだと思います。ADHDコンサータという薬の効果からもわかるようにドーパミンになんらかの障害がある可能性が高いです。あまり知られていないと思いますが、そのドーパミンは腸で9割作られています。その腸の調子がよくなることでドーパミンの量が増え覚醒度が上がるなどの効果があるのかもしれません。

腸ではドーパミンのほかにもセロトニンも作られています。セロトニンはうつの方にはでるととても良い脳内伝達物質ですので火の呼吸で腸の調子をよくすることはうつなどの二次障害があるかたにとってもいいかもしれません。

これは肩、肩の首の近くのところをあげずにやってください。そちらの方が効果があると思います。

ただ発作などの症状があるかたにはとても危険なような気がするのでやらないことをおすすめします。

次に寝たまんまヨガと柔軟です。

これで僕は過集中と虚脱という症状が改善しました。まず過集中と虚脱という症状ですが、過集中は知っていても虚脱はしらない方がいるかもしれません。でも実際僕が経験したことですが過集中の後には多かれ少なかれかならず虚脱がきます。虚脱状態のときは本当にどうしようもないくらいやる気がでないという風になったりします。ですので僕は過集中には入らないということをおすすめしています。

この症状が寝たまんまヨガとお風呂上りの柔軟をすることによって改善しました。

寝たまんまヨガというのは携帯のアプリで寝ながら簡単にヨガの瞑想をすることができるものです。これを好きなものでいいのでやりたい時にやってみてください。

これの中に全身の力を抜いていくという作業があり、それが過集中と虚脱の症状におそらく効いたのだと思います。この力を抜いていく作業とは、一旦体にグーっと力を入れて抜くという方法なのですが、これだけ覚えて日ごろやってみるということもお勧めします。特にADHDがミスしやすい場面などでは肩に力が入っているということが多いと思うのでそういうときにぐっと力を入れて抜くということを試してみるといいと思います。

次に柔軟です。僕はお風呂上りに2、3分程度柔軟をしていました。これも過集中と虚脱の症状に効果があったように思います。そして、僕は睡眠にも障害があったのですが、これをすることによって次の日寝起きがすっきりとするようになりました。

次に脳のプラーナを流すということです。これでもおそらくいろいろなことが改善したように思います。

寝たまんまヨガの中にプラーナメディテーションというのがあるのですが、それで気づいたのですが、(プラーナというのは体の中を流れる気の流れのようなもののことです。)そのプラーナが僕は脳の前頭葉当たりの部分にあまりながれていないということに気づいたのです。なぜか流すときにとても怖かったのですが、怖いのは我慢して前頭葉全体に流してみるということをしました。これをすることによってADHDの症状がいろいろと改善したような気がします。

これはみんな感じていると思うのですが頭の中に流れている血流のようなものを前頭葉まで流すようにするのですが、最初は難しいと思いますがちょっとずつ前頭葉全体に流すのがいいと思います。

プラーナと思っておでこのあたりをマッサージするだけで流すこともできます。プラーナがあるところからないところに流すと思ってマッサージするといいです。

首のうしろの上あたりの小脳や大脳基底核のあたりもあるところからないところにマッサージをして流したらいいと思います。

以上が僕が試してADHDの症状の改善が見られた方法です。

これらの方法を1、2か月試すだけでだいぶ症状が改善するように思います。僕もこれらの方法を1、2か月程度試して効果がでました。改善がみられたあといまではあまりこれらの方法はしていません。

まだ少し、ADHDの症状はあり、少し苦労している部分もあるのですが、それは以前に記事で書いた苫米地先生の脳トレの方法などをためしていこうかなと思っています。

それでもだいぶ苦労することが減ったので今日紹介した方法を多くの人に試してみて欲しいと思います。

 

追記

これらの方法のほかにADHDの症状の改善に手続き記憶がとても重要であることがわかりました。ADHDは手続き記憶があまり使えていないのではないかと思うのです。手続き記憶は動きで覚える記憶で仕事や動作などを意識的に動きで覚えようとすることで手続き記憶ができるようになると思います。これも自分で試してみて仕事での不注意の改善に効果がありました。

追記2

手続き記憶に関して書きたいと思います。手続き記憶はADHDにとってとても重要な気がします。

それは、僕はADHDの不注意はワーキングメモリの欠陥で記憶の一時保存がうまくできていないことが理由にあるのではとずっと思っていました。でもアルバイトなどをしてみて不注意がでるところを考えてみると、記憶の一時保存ができていないから、ではないような場所で不注意がでていると思ったのです。

アルバイトの仕事をして、以前に言われて、別の日にその言われたことをしようとしてみたら不注意がでたのです。これは、明らかに記憶の一時保存ができないでミス、不注意をしたのではないのではないかと思いました。

そこで僕が思ったのは、ADHDは手続き記憶がうまくできてないのではないか、と思ったのです。

普通の人なら仕事などを教えられた時に動きで覚えてしまっているのではないかと思うのです。ADHDはそれがうまくできていないのではと思うのです。

手続き記憶は動きで覚える記憶です。海馬などで覚える記憶とは別で小脳や大脳基底核で覚えるそうです。筋肉にかかわって覚えるそうなので、筋肉を意識して動きで覚えようとすると、この手続き記憶がうまく働いて仕事などをミスしないで覚えられるようになると思います。

手続き記憶に関してはこちらを見てみてください。

日本学術会議_おもしろ情報館

僕はこれをして仕事が以前より覚えられるようになり不注意が減ったように思います。ADHDの方はぜひ仕事などいろいろなことを意識的に動きで覚えるようにしたら、手続き記憶が働くようになり不注意が減ると思います。これも簡単なのでぜひ試してみてください。

 追記3

ADHDは集中することが難しかったりしますが、それは以前にバイノーラルビートのガンマ波になるものを聴くといいと書きましたが、ADHDは手中しようとするとき脳の前頭葉あたりがぼーっとしてしまったりするようなので、このガンマ波になるバイノーラルビートを聴いて脳の前頭葉あたりにガンマ波の脳波をあてるようにすることで、集中してものごとに取り組めるようになるかもしれません。それと、脳のだいぶ下の方にもあてるといいと思います。なので、これも一度ためしてみるといいと思います。

就職活動への檄 俺版

ツイッターで就職活動について言ったことをまとめました。

これに付け加えて僕は

1、ポジション取りで就活するな

他人との関係性で就職活動先を決めるなということ

2、QOLぐらい考えろ

クオリティオブライフ、自分の生活の質が、自分がそこで働きたいだけじゃなく、自分がそこで働いたとき、自分の生活がどうなるかを考えた方がいいということ

と言いたいと思います。

 

面接官や上司、教師を唸らせられる能力こそが重要。
対面的コミュニケーションの技法がうまいことが出世や成功の要因になる社会はやっぱり間違えている。

 

文句あるなら唸らせてみろよ。

 

就職活動で対面的コミュニケーションの技法を学びました。
なんてのは恥ずかしいことなのだということをわかれ。

 

ちなみに僕は就職活動でどうしたかというと、就職活動は社会勉強だと思ってやっていました。

それで僕はなにを思ったかというと企業の川上、川下戦争が起こるなと思いました。イオングループトヨタが川下までやってくる、それは農作物や原料調達を自前で受け持つようになっていっていたし、いくんじゃないかと思いました。商社もコンビニをやっていたし、川上にもっとやってくるんじゃないかと思いました。

まぁ僕はそういうとこあんまり受けていませんでしたが。

ゆとりっていうな!

僕は28歳でゆとり世代で、小学校の高学年から土曜日の授業がなくなるというばりばりのゆとり教育を受けていた世代です。

少し前までは2chのまとめなどでゆとりについていろいろ言われていたし、僕もお前やっぱゆとりなんじゃないのかな?と言われたことがあります。

ゆとりはすぐ会社をやめるとかゆとりの新入社員がやばいとかということがよくいわれていました。

僕はADHDなのでゆとりなんじゃないの?と言われてもADHDのせいだと思っていました。心にはきましたが。

僕はそんな経緯もあって?ゆとりについて考えたことがあります。

それで思ったのゆとりというのは、ゆとり教育によってなったものではないのではないか?、ということです。

ゆとりが会社をやめるとかゆとりの新入社員がやばいとか、ゆとりがおかしいというのはすべて人格批判です。

僕は思うのですが、僕が受けたゆとり教育というのは土曜日に授業がなくなるとか総合という授業をうけるとかでしたが、そんなんで人格なんて変わるの?、と思うのです。

土曜が休みになったり総合っていう授業、(僕はいやでしたが。)を受けたら、性格が変わったり、人格が変わったりするのでしょうか?

僕は変わらないと思うのです。

そんなんで性格なんて変わんねぇよと思います。

学校教育で人格が育てられるみたいな話はあるのでしょうが、教育で人格は育てられはすると思う気がしますが、ゆとりってよばれる人達みたいな人格に土曜の授業が減ったり総合ができたりして、なりはしないでしょう。

僕はゆとりの原因はネットや携帯電話にあるのではないか、と思うのです。

僕の人生を思い起こしてみれば大体小学生の頃にパソコンが普及しネットが広まっていきました。携帯電話も高校生のころまでにはみんなが持つようになっていました。SNSも僕が大学生ぐらいのころにmixiが多くの人がやるようになっていたと思います。

僕らはデジタルネイティブなんてよばれたりしますが、僕らの子供時代の成長過程に「ちょうど」ネット、携帯電話、SNSが普及していきます。

こっちを考えてみると、これらでは性格が変わりそうな気がするんですよ!

ネットのサイトで情報を常にみることによる思考の変化や、携帯、SNSを通じてするコミュニケーションで性格は変わると思うのです。

ゆとりとよばれるような人たちの人格ができたのはこうしたことによる原因が考えられるのではないかと思います。

ちなみに僕はゆとり世代ですが、ゆとってはいないと思います。

僕が疑問に思うのは、本当のゆとりっていったいどんな人たちなんだろう?と思います。本物のゆとりを見たことがないのです。僕が田舎に住んでいるからだと思いますが。

 

 

フジテレビ叩きは正しかったのか?

2010年代の初めに韓国をごり押しするフジテレビをネットなどでそうだいに叩くということが起こった。

僕も2chのまとめをみてフジテレビが少し嫌いになってしまった。

この騒動は、ウィキペディアによるとデモまで起こし、フジテレビのスポンサー、フジテレビに直接多くの人が電凸する事態にまでなったらしい。

ネットでは様々な憶測がながれ有名芸能人までもがテレビ、ラジオなどでこの事態に対して発言するまでになった。

僕もその当時2chのまとめでこのことについてたくさんまとめられているのをみて、フジテレビが悪いかなーと思っていた。

しかしだ、この事件を今になって考えてみ、そして、この事件、騒動、事態を少し見てみると、この事件は多くの一般人がデモや電凸をする必要があることだったのだろうか?

この事件はたとえフジテレビが問題になることをしていたとしても、週刊誌で少し記事になり叩かれるだけでよかった問題ではないだろうか?

このような問題は週刊誌の記事ではよくあるような話なのである。

週刊誌ではどこどこのテレビ局がやらせをしているとか、どこどこのテレビ局ではこんなことをしていて問題があるというのはよくある話だし、よく記事になっているのだ。

そして、この問題はその程度のような問題であったように思う。

そのような週刊誌で書かれているテレビ局の問題や事件などについて一般の人間はデモや電凸をするだろうか?

電波法上問題があるということも言われていた。まぁそのことについては多くの国民が視聴者が見、責任があるのだからという論理があるのかもしれない。

ただ、そんなテレビ局が電波の許諾を得ているのだから責任があるからという話について考えてみれば問題があるというような話、事件は週刊誌では結構書かれているものなのだ。

この問題は、この問題が本当に問題があったのかどうかはわかりませんが、おそらく、そのように週刊誌で記事になり、叩かれる程度の問題でよかったのである。

そして、この問題にたいして僕が思うことは、この事件がネットで大きな騒動となり、電凸やデモまで起こるようになり、実際にテレビがつまらなくなってしまったのではないかと思うのです。

そのころの時期からお笑い番組が少なくなり、クイズや情報番組などのようなものがテレビの番組の多くを占めるようになってしまった。

このようなことはこの事件、騒動がすべてというわけではないとは思うが、テレビは批判の少ない、当たり障りのない番組を作らざるを終えないように少しなってしまったのではないかと思う。

僕は以前、声だけ大きいラウドマイノリティは自分達で自分達の社会をつまらなくしているといったことがあります。

普通の人ならなんとも思わないようなことに対してラウドマイノリティは声高に、これは問題だ!とか倫理的に問題がある!というようなことを叫んでいるように僕には見えます。

そして、実際にそれが問題として認識されてしまい、規制されると不便になったり、生きづらいような社会になってしまうのです。

宮台先生はそういった問題について自分に関係ないものは規制しろ!というのだと言っていました。そして、それはグレーゾーンに耐えられることが重要だとも言っていました。

これは僕は思うのですが、普通の人間は少し問題はあるのかもしれない、というグレーゾーンについては何も問題も感じないし、それほど問題も感じずに生きているように思います。

そういった問題に普段からストレスの多い人間は耐えられず、問題があると叫んでしまうという風に思います。

ただ、それは言いましたが、そういったものが実際に規制されてしまえば不便になったり、生きづらくなってしまうものなのです。

このフジテレビの問題もそれほど問題のあるものではないのに声高に叫んでしまったため、実際に恐らくテレビがつまらなくなってしまった。

これも僕は思うのですが、普通の顔と顔をあわすコミュニケーションでしないこと、しちゃいけないことはネットでもしてはダメなように思います。

ネットでも普段人と会ってしないコミュニケーションはダメ!

そうすることが大事だと僕は思います。

 

ソーシャル性について

twitterで引用リツイートをすると、ソーシャル性が増すといったけれどソーシャルなのは楽しいということがわかった気がする。

これはtwitterをやって思ったわけではないのだけれどもfacebookで友達を増やしたかったので誰とでも友達になってみた。

facebookは自分の身の回りの人間と普通は友達になるので、大丈夫かなとは思った。

でも、何十人も友達になってfacebookを見ているうちに知らない人でもいろいろな人のfacebookの更新を見るのはとても楽しいということに気づいた。

僕はソーシャルとは過去の経歴とも今現在の人間関係とも関係のない人と知り合うことだといったけれど、そういうことを意識的ではないにせよfacebookでやったら楽しかった。これはソーシャルだということが楽しいということなのだと思う。

twitterももっとソーシャルになって、ソーシャルにして、楽しんでみては?と思う。